kugenuma presents

radio silence

kugenuma-radio-silence-right-channel_edited.png
kugenuma-radio-silence-left-channel_edited.png

500m underground walkway gallery
 

Silence would be filled with innumerable sounds.  ー Toru Takemitsu 
 沈黙は、さまざまな音で満たされている。 ー武満 徹    

 

On-air now. 

Episode 8: Noosa and Tonga

kugenuma's radio silence is a weekly broadcast at the 500 Meter Museum transmitting "silences of distances" from around the world. Week 8's program comes from the South Pacific, Noosa, and Tonga.

 

Noosa is located north of the Sunshine Coast on Australia's eastern seaboard, best-known for its natural environment-based art festivals. At Junction, Noosa's downtown district, an art gallery is reignited with urban and nature sounds intermixing into a soundscape of renewed conviviality. On the contrary,

 

Tonga suffered a major disaster with the Hunga Tonga-Hunga Ha'apai volcano on January 15, 2022. The rare and massive eruption triggered air oscillations and large tidal fluctuations in the Pacific coastal regions. The soundwaves have been monitored as far as the Atlantic Ocean. We could believe that the undersea volcano turned the earth into a single audio speaker. There are only the sounds of winds and waves on the coast covered with thick volcanic ash, but within and between the sounds, children's voices emerge in and out, seemingly conveying the power of resilience.

 

radio silence  week # 8 オーストラリア/トンガ

世界各地から「ディスタンスの静寂」を届けるkugenumaの新作、radio silenceが更新されました。

第8週は南太平洋、ヌーサとトンガから。

 

オーストラリア東海岸サンシャインコーストの北に位置するヌーサは、自然環境のなかで展開するユニークなアートフェスティバルで知られています。ジャンクションと呼ばれるダウンタウンの一角にはアートギャラリーがありますが、自然の音と都会の音がミックスされた豊かな音風景には、戻ってきたバイタリティが感じられます。

 

いっぽうのトンガは、2022年1月15日に起きたフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山で大きな災害に見舞われました。稀に見る巨大な噴火は、太平洋沿岸地域で、空気の振動や大きな潮位の変動が観測されました。大西洋でも観測されたといいますから、海底火山は地球を一個のスピーカーに変えてしまったと言えるかもしれません。分厚い火山灰に覆われた海岸には、風と波の音がするばかりですが、その合間に子どもたちの声も混じり、レジリアンスの力を伝えているようです。

L

R

L

radio silence  week #8  :   Noosa and Tonga

RSRS.jpg
RSRS.jpg
RSRS.jpg
RSRS.jpg
RSRS.jpg
南太平洋の音
​Lch: Noosaの音 Rch:Tongaの音

​R

kugenuma-radio-silence-left-channel_edited.png
kugenuma-radio-silence-right-channel_edited.png

Ukraine

Ukraine

デジタル世界地図
デジタル世界地図
五大湖_edited.png

L2

R2
 

L1

R1
 

L3

R3
 

Toronto

Detroit

Okinawa

L4

R4
 

Jeju Island

Ukraine01bw.jpg
Ukraine02bw.jpg

Turku

Stockholm

L5

R5
 

L6

R6
 

HongKong

Kaohsiung

Kugenuma coast 

 Terminal Island 

Noosa Arcadia Street 1 b&w.jpg
トンガ写真モノクロ.jpg

Tonga

Noosa

Episode 7: Cage / Takemitsu Tribute

 

This week's program is a special tribute to John Cage and Toru Takemitsu.

Conceptually, radio silence is also an unspoken tribute to John Cage's "4 minutes 33 seconds", this year being the 70th anniversary of its premiere in 1952. This "Invention of Silence" was Cage's seminal work having a significant influence on the future directions of new music and contemporary art. The right channel audio source is an excerpt from Cage's 1985 performance of his mesostic poem "MUSHROOMS et Variationes." As a world-renowned researcher of mushrooms, Cage frequently implemented it as a medium for his compositions.

 

When John Cage first visited Japan in 1962, Toru Takemitsu organized a contemporary music festival in Sapporo for that occasion. Accompanied by long-time collaborator David Tudor, the troupe visited the Jigokudani site of Noboribetsu Hot Springs, among other areas around Sapporo. This historic visit also established a meaningful connection between Takemitsu and the city of Sapporo for years to come. In 1982, a legendary concert featuring the world premiere of three Takemitsu pieces was performed by the Sapporo Symphony Orchestra. The left channel audio features an episode about a special lecture organized for the composer on the occasion of the concert. Further readings on this subject are available in a forthcoming book, "Toru Takemitsu: Of The World / Of Sapporo."

 

week # 7 ジョン・ケージ /武満徹 特集

第7週は特別プログラムとして、ジョン・ケージと武満徹へのオマージュで構成しています。

 

radio silenceはジョン・ケージ作曲「4分33秒」の、1952年初演から70周年に際したオマージュでもあります。ケージのこの作品は「沈黙の発明」として、音楽のみならず、現代芸術に大きな影響を与えました。右チャンネルはキノコの世界的研究者でもあったケージが80年代に行ったレクチャーを元にしています。

 

ケージが最初に来日したのは1962年ですが、その機会に札幌で現代音楽祭を企画したのが、武満徹でした。同行したデビッド・チュードアとともに、ケージは登別温泉の地獄谷などを訪れたことが知られています。それ以降、武満と札幌との交流は深く、1982年には札幌交響楽団による世界初演コンサートも開かれました。左チャンネルでは、その際に行われた特別講演のなかの、あるエピソードを取り上げています。詳しくは、今週発売になった新刊『武満徹、世界の・札幌の』をご覧ください。

radio silence is the radio for the ‘age of distance.’


The sounds are collected from two detached geographic locations and set into stereo, (R)ight and (L)eft respectively.  

These unique pairings are programmed into nine unified silences and broadcasted weekly for nine weeks. 

The R and L channels could be played  individually as single channels or simultaneously using a second device.

radio silence は 「ディスタンスの時代」のラジオです。

地理的に隔たりのあるふたつのロケーションから採取された音は、右(R)と左(L)のステレオにセットされています。

こうしてペアリングされたユニークな音の組は、9つの沈黙としてプログラムされ、9週にわたって週替わりで流れます。

RチャンネルとLチャンネルはそれぞれ、または2台目のデバイスを用いることで同時にお楽しみいただけます。

radio silence weekly program 
                                      

                                                                     L channel          R channel
week #1   2/12           Pacific Ocean        kugenuma coast   terminal island 
week #2   2/19         Ambassador Bridge             Detroit              Toronto
week #3   2/26            Jeju & Okinawa       Jeju Island           Okinawa 
week #4   3/5                  Ukraine                      Ukraine             Ukraine
week #5   3/12         Baltic Sea                Stockholm           Turku
week #6   3/19        Hong Kong & Taiwan        Hong Kong          
Kaohsiung
week #7   3/26     Cage / Takemitsu Tribute       Takemitsu             Cage
week #8.  4/2              Tonga/Noosa                 Tonga                Noosa
week #9   4/9                  silence
 find
this colors
500メートル円_edited.png
スライド1_edited.png
スライド3_edited.png
スライド2_edited.png
スライド5_edited.png
スライド4_edited.png